先進医療で人生を楽しく 新横浜かとうクリニック

資料請求
お問合せ
よくある質問
がん治療
診療科
がん情報

癌とはどんな病気?

癌について

癌とはどんな病気?

癌とは、肺・胃・大腸・膵臓等の臓器の正常細胞が慢性炎症などの結果

  1. 正常な細胞が、癌遺伝子を獲得することで癌化(不死化)
  2. 無限増殖をはじめる
  3. 肺・肝臓・リンパ節・脳・骨など全身に転移
  4. 最終的に免疫が低下、末期癌の患者の80%は、誤嚥性肺炎や敗血症で死に至る

という病気です。

日本人では、現在2人に1人ががんになるといわれています。すべての人にとって、がんは身近な病気です。

参考サイト
国立がん研究センターがん情報サービス 最新がん統計(がん情報サービス)

がん細胞とは

がん細胞とは、肺、胃、大腸、膵臓等の臓器の正常細胞が喫煙、ピロリ菌、ウイルスなど慢性炎症などの結果、

  1. 癌遺伝子を獲得し、不死化・無限増殖
  2. ヘリカーゼなどの周囲の正常細胞を溶かし、アミノ酸などを吸収し栄養にする
  3. 栄養が足りないとカドヘリンなど接着因子で道を作り、肺や肝臓などに転移
  4. 肺や肝臓では免疫細胞に攻撃されるため、PD-1など免疫抑制する遺伝子を獲得し、免疫を低下させる
  5. 全身の免疫が低下するため肺炎や敗血症などを合併し、死に至らす

ものががん細胞です。

がん情報

癌遺伝子とは

癌遺伝子には、

  1. ドライバー遺伝子
  2. 修復遺伝子
  3. ブレーキ遺伝子
  4. ロウソク遺伝子
  5. 癌感受性遺伝子

等様々な機能の遺伝子が癌化に関わります。

癌遺伝子は正常な遺伝子が

  1. 突然変異
  2. 過剰発現
  3. 不活化

等を起こし、機能異常を起こします。また、生まれながらに異常な遺伝子を持っている場合もあります。

がん情報

各種がんについて

がん治療について

医師写真

免疫療法・個別化治療という、聞きなれない治療法が、今までの3大がん治療の手術・抗癌剤・放射線治療にとって代わろうとしています。アメリカでは、2015年より免疫療法・個別化治療を含めて5大がん治療と呼ばれています。

個別化治療とは、テーラーメイドがん治療やオーダーメイドがん治療とも呼ばれ、患者さんの癌の特徴にあった一人一人に最高の効果が期待できる治療プログラムをつくることです。当院では開業以来15年間、オーダーメイドがん治療を実施しています。

関連記事

  1. 末期癌と戦うためには

  2. 癌と生活習慣について学ぼう

  3. 癌と栄養について

PAGE TOP