や行

陽子線治療

がんの部分だけをピンポイントに照射してがん細胞を攻撃する放射線治療が理想の放射線治療です。粒子線治療に含まれる陽子線(Proton)を使った放射線治療の一種が陽子線治療(Proton therapy)です。

これまでの放射線治療は、がんに向けて照射されたX線は、体の表面近くで放射線量が最も高く、体の深くにあるがんに近づくにつれて、その量は減少しました。そのために、がん細胞への効果は薄くなり、しかも周辺の正常組織を傷めるために副作用を起こすことになります。

陽子線の場合、X線と比べて、ターゲットへより正確にエネルギーを運ぶことができるという優れた特徴があります。

陽子線は、エックス線よりも集中してあてることができますが、さらにピンポイントでがんにあてる技術が進めば、強い破壊力でまさに標的を狙い打ちできるようになります。粒子線治療の大きな問題として、装置が大掛かりで、建設に莫大なコストがかかり、維持費もかかり、さらに故障も多いなどが挙げられます。

重粒子線の治療施設建設には約130億円、陽子線の場合は70~80億円がかかります。ただ、陽子線治療装置に関しては、リニアックよりも一回り大きい程度のものが米国で開発されつつあり、小型化など改良が進めば一般的な治療になる可能性があります。

要配慮個人情報
  • 人種、信条、社会的身分、病歴、前科、犯罪被害情報
  • その他本人に対する不当な差別、偏見が生じないように特に配慮を要するものとして政令で定めるもの
  • 身体障害、知的障害、精神障害等があること
  • 健康診断その他の検査の結果
  • 保健指導、診療、調剤情報
  • 本人を被疑者又は被告人として、逮捕、捜索等の刑事事件に関する手続きが行われたこと
  • 本人を非行少年またはその疑いのある者として、保護処分等の少年の保護事件に関する手続きが行われたこと

セミナー情報

  1. 今までの免疫療法と違う「がんワクチン」。免疫力を上げる免疫療…
活性化リンパ球へのリンク
SKC癌免疫検査
癌と戦う免疫生活のバナー
一般診療へのリンク
診察予定
インスタグラムへのリンク