先進医療で人生を楽しく 新横浜かとうクリニック

資料請求
お問合せ
よくある質問
がん治療
診療科
院長ブログ

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンについて、当院の考え方

保険診療で行われる標準治療では、がんの部位や豊穣に応じて行うべき治療のガイドラインが設けられており、どこの医療機関でも概ね同じ方針になることが多々あります。それよりもまずは、自分のがんはどういう状態か、治療しなければどうなるかを知る手段として、セカンドオピニオンを活用してみてはいかがでしょうか?

自分ががんだと診断されて、その事実を受け止められる方は多くないはずです。時間をおいて、ゆっくり現実を把握することが大切になります。

主治医や治療に満足していない場合のセカンドオピニオンについて

客観的に治療を評価してもらうという意味で、第二の主治医を持つことは有効と思われます。短い診察時間、医師との関係性を考えれば、主治医に相談できないこともあるのではないでしょうか。当院にも、治療はしないで定期的にセカンドオピニオンを聞きに来るだけの患者さんもいらっしゃいます。

患者さんそれぞれの症状、年齢や体質、どのように生きたいかなどの希望を踏まえて、相談に乗るのがセカンドオピニオンのあり方ではないでしょうか。

関連記事

  1. 末期癌と戦うためには

  2. 癌と生活習慣について学ぼう

  3. 癌と栄養について

PAGE TOP