癌と生活習慣について学ぼう

69歳でも間に合う癌を予防する生活習慣

大切な5つのこと

国立がん研究センターでは、全国の11の保健所と協力し、40歳から69歳の男女、総計140,0420人を対象に生活習慣とがんや他の病気の罹患率の関係について追跡調査を実施してきました。

5つの生活習慣で最大男性で43%、女性で37%の癌の発症リスクが低下します。

1つの生活習慣改善では全く効果がありませんでのできれば3つ以上の生活習慣改善を目標としましょう。

  1. 禁煙
  2. 節酒
  3. 食事制限
  4. 運動
  5. 体重コントロール

の中で2個以上を実践できれば、男女ともに癌のリスクが減ります。まずは禁煙と運動からはじめるのがお薦めです。

生活習慣

癌にならない5つの生活習慣とは?

癌を予防する5つの生活習慣

癌を予防する上で大切な5つの生活習慣とは、

  1. 禁煙する
  2. アルコールの摂取は1日1杯程度にする
  3. 食事は野菜を多く、塩分を減らすことを心がける
  4. 運動を1日1時間程度する
  5. 太りすぎも痩せすぎもダメ

禁煙で減る癌発症リスク

たばこが生活習慣による癌の原因で一番です。禁煙することで、癌の発症を減らすことができます。

家族や親せきに大腸癌(直腸癌・結腸がん)、胃癌、肺癌(扁平上皮癌・小細胞癌)、乳癌、膵臓癌、食道癌、膀胱癌がいる人は、すぐに禁煙しましょう。

癌の種類年間発症数(2012年)禁煙で減らすことが出来る受動禁煙で減らすことが出来る
大腸癌13万人
胃癌13万人
肺癌11万人
乳癌7.4万人
膵臓癌3.5万人
食道癌2.2万人
膀胱癌2.1万人