わ行

ワクチン

ワクチンとは、生体が本来持っている異物に対し反応する体の仕組みを利用た薬剤のことです。つまり、感染症をはじめとしたさまざまな異物に対して、あらかじめ「免疫力」あるいは「免疫記憶」を作らせておく薬剤のことをいいます。

ワクチン療法(がんワクチン)

ワクチンの基本的な考え方は、特定の病原体が体内に侵入する前にその病原体に対する(=特異的な)免疫力を高めることで、その特定の病原体の感染を抑えたり、感染を軽くするための方法です。

私たちの体内では絶えず「自己(自分の細胞)」でないもの(抗原)を排除する仕組みが働いています。免疫細胞の一種であるリンパ球は、病原体を1種類ずつ、特異的に認識して排除します。リンパ球は一度出会った病原体を記憶し、再び同じ病原体に出会ったときにすぐに認識・排除します。

この原理を利用したのがワクチンです。毒性を弱めたり死滅させた病原体の一部を接種してリンパ球にあらかじめ記憶させ、本番に備えます。

セミナー情報

  1. 今までの免疫療法と違う「がんワクチン」。免疫力を上げる免疫療…
活性化リンパ球へのリンク
SKC癌免疫検査
癌と戦う免疫生活のバナー
一般診療へのリンク
インスタグラムへのリンク