がんについて

がんとは

がんとは、肺・胃・大腸・膵臓等の臓器の正常細胞が慢性炎症などの結果、

  1. 癌遺伝子を獲得することで癌化(不死化)し、
  2. 無限増殖をはじめる
  3. 肺・肝臓・リンパ節・脳・骨など全身に転移
  4. 最終的に免疫が低下、末期癌の患者の80%は、誤嚥性肺炎や敗血症で死に至る

という病気です。

がんとは 画像1

がん細胞とは

がん細胞とは、肺、胃、大腸、膵臓等の臓器の正常細胞が喫煙、ピロリ菌、ウイルスなど慢性炎症などの結果、

  • 癌遺伝子を獲得し、不死化・無限増殖
  • ヘリカーゼなど周囲の正常細胞を溶かし、アミノ酸などを吸収し栄養にする
  • 栄養が足りないとカドヘリンなど接着因子で道を作り、肺や肝臓などに転移
  • 肺や肝臓では免疫細胞に攻撃されるため、PD-1など免疫抑制する遺伝子を獲得し、免疫を低下させる
  • 全身の免疫が低下するため肺炎や敗血症などを合併し、死に至らす

ものががん細胞です。

癌遺伝子とは

癌遺伝子には、

  • ドライバー遺伝子
  • ブレーキ遺伝子
  • 修復遺伝子
  • ロウソク遺伝子
  • 癌感受性遺伝子

等様々な機能の遺伝子が癌化に関わります。

癌遺伝子は正常な遺伝子が

  • 突然変異
  • 過剰発現
  • 不活化

等を起こし、機能異常を起こします。また、生まれながらに異常な遺伝子を持っている場合もあります。

癌細胞暴走イラスト

各種がんについて詳しくみる