抗癌剤治療とは

抗癌剤治療について

抗癌剤治療とは、癌を縮小する効果が期待できる化学物質を投与する治療です。

そして、強い副作用の不利益よりも延命等の効果が高い場合に認められる治療です。

「効かない抗癌剤は毒でしかない」

抗癌剤治療の目的とは

抗癌剤治療は、延命目的、または、症状緩和や統計学に有意でない期間の延命等の補助的な目的で行われています。

低用量抗癌剤治療について

当院の抗がん剤治療について

抗癌剤の投与量は、身長と体重で決まります。腎機能を加味して減量することもあります。この量は、重篤な副作用がギリギリ起きない量です。

当院では通院治療のため重篤な副作用を起こさないために、30%~50%減量して治療を開始し、血液検査で治療効果を判定しながら効果が不十分な場合に増量する方法をとっています。

減量した場合は、副作用が軽いことが多く、免疫療法を併用していると腫瘍効果も得られる場合も多いので、安心して治療を受けられます。

通院抗がん剤治療

最近、適応外抗がん剤治療を希望される患者さんが増えています。

抗がん剤治療は副作用が問題です。他の癌腫の患者さんで安全性が確認されていれば、新しい抗がん剤を試してみたいと思うのは当たり前のことです。

適応外の場合、費用は自費扱いになり保険が使えないので、3割の患者さんでは3.5倍ぐらいの負担になります。当院は減量した分は安くなりますが、それでも保険診療で支払う額の2.5倍程度の費用がかかります。

がん治療の種類のページに戻る