分子標的薬について

分子標的薬とは

癌細胞を攻撃するリンパ球の表面には自己免疫を調整する免疫チェックポイント分子(分子標的薬の一部)があります。

リンパ球の働きを強めるチェックポイントと抑制するポイントがあり、樹状細胞を代表とする抗原提示細胞がリンパ球の働きをコントロールしています。

しかし、慢性的な炎症反応が続くことで線維細胞やその他の免疫細胞まで免疫を抑制するチェックポイントを発現することがあります。この免疫チェックポイントを抑制する癌細胞は免疫から逃避しながら増殖し、転移できるため難治の癌となります。

この免疫チェックポイントの一つのPD-1を京都大学の本庶佑先生が発見し、それを治療する抗PD-1抗体薬を開発し、悪性黒色腫で著効した報告により注目を浴びています。

PD1抗体

免疫チェックポイント阻害剤薬の欠点

その1 免疫チェックポイントを持っていない癌には全く効かない!

免疫チェックポイント阻害剤は分子標的薬の一種です。 ターゲットがないとなんの効果もなく、しかし、副作用はでるという最悪の状態になります。オプジーボなら癌細胞のPD-L1の発現を確認して治療を進めるべきです。

PD-l1オプジーボ オプジーボとヤーボイの副作用

その2 免疫チェックポイント阻害剤は癌免疫が正常に働いていないと効果がない

がん患者さんの多くは、樹状細胞からリンパ球の指令が不十分で癌組織内に癌特異的リンパ球が少ないのが現状です。

その状態でオプジーボやヤーボイを使用しても全く効果がありません。当院では樹状細胞がんワクチンなどで十分な効果が得られない場合、PD-1による抑制がかかっていると考え、オプジーボなどの免疫調節薬を投与します。

免疫調節薬についてについてはこちら 当院の癌治療についてにもどる