免疫調節薬について

免疫調節薬について

免疫調節薬とは

癌細胞は、自己の免疫細胞の攻撃から逃れるためにPD1(ピー・ディー・ワン)等の免疫抑制システムが存在しています。

その免疫抑制システムをブロックするのが免疫調節薬です。システムをブロックすることで、免疫が正常に働き癌細胞を身体から排除させます。

もちろん、抗癌剤・放射線治療・手術・低栄養などで自分自身の免疫が低下している患者さんには効果が少ない治療です。そのため、リンパ球療法やNK細胞療法など免疫力を上げる治療と併用することで効果が期待できます。

免疫調節薬について

癌の免疫抑制とは

癌細胞は、身体の中の免疫細胞から逃れないと生き残れません。そのため、癌細胞には、いくつかの免疫抑制システムがあります。その一つがPD-1(プログラム・デス・ワン)です。

リンパ球は癌細胞を攻撃する最強の免疫細胞です。しかし、過剰に働くとリウマチなど自己免疫疾患の原因になります。

そのため、過剰に働くのを制御するためにPD-1(プログラム・デス・ワン)という受容体(レセプター)がリンパ球に備わっています。

癌細胞も早期癌ではPD-1の発現は少なく、進行癌、末期癌に進むにつれてこの機能を持つようになります。

免疫調節薬について

免疫調節薬の働きとは

癌細胞は、早期癌から進行癌へ成長していく間に癌遺伝子を獲得していき、転移したり、免疫抑制するなど能力を持ちます。

癌細胞がリンパ球のPD-1(プログラム・デス・ワン)を押すPD-L1を持つことでリンパ球を不活化します。そのボタンを押せなくするのがニボルマブ(オプジーボ®)、ペムブロリズマブ(キイトルーダ®)などの免疫チェックポイント阻害剤です。

免疫チェックポイント阻害剤は、免疫調節薬の一種で、PD-1分子をターゲット(標的)とするため分子標的薬の一種で、さらにヒト抗体を可変した治療薬であるため、生物製剤でもあります。


がん免疫チェックポイントとは

癌細胞を攻撃するリンパ球の表面には自己免疫を調整する免疫チェックポイント分子があります。

リンパ球の働きを強めるチェックポイントと抑制するポイントがあり、樹状細胞を代表とする抗原提示細胞がリンパ球の働きをコントロールしています。

しかし、慢性的な炎症反応が続くことで線維細胞やその他の免疫細胞まで免疫を抑制するチェックポイントを発現することがあります。

この免疫チェックポイントを抑制する癌細胞は免疫から逃避しながら増殖し、転移できるため難治の癌となります。

免疫チェックポイントの一つのPD-1を京都大学の本庶佑先生が発見、それを治療する抗PD-1抗体薬を開発し、悪性黒色腫で著効した報告により注目を浴びています。

免疫チェックポイント阻害剤の欠点とは

その1

免疫チェックポイント阻害剤は分子標的薬の一種です。

ターゲットがないとなんの効果もなく、しかし、副作用は出るという最悪の状態になります。オプジーボなら癌細胞のPD-L1の発現を確認して治療を進めるべきです。

その2

免疫チェックポイント阻害剤は、頻度は低いですが、リンパ球が正常な臓器の細胞を攻撃する可能性があり、間質性肺炎・糖尿病・甲状腺炎などといった重篤な合併を起こす可能性があります。

免疫調整薬の治療手順

免疫調節薬の適応

  1. 標準治療が耐性、高齢、合併症等で有効な治療法が他にない場合
  2. 他の免疫療法をにて効果が十分でない場合
  3. 病理組織学検査にてPD-L1、CTLA4が発現している場合
  4. 自己免疫疾患がない場合(リウマチ、糖尿病、甲状腺炎、自己免疫性腎炎など)

免疫調節薬が効果的な条件

  1. 抗癌剤治療、放射線治療等の副作用で間質性肺炎等合併症がない
  2. 抗癌剤、放射線治療後に白血球数等免疫状態が改善している。(WBC≧4000 /μL)
  3. 抗癌剤、放射線治療後にリンパ球数等免疫状態が改善している。(リンパ球数≧1500 /μL)

初回投与量と投与間隔

初回投与量

オプジーボでは20mgと通常の6分の1程度、副作用などを確認し、効果がなければ40mg、60mg、80mgと増量していきます。

その他の免疫療法と併用する場合、20mgまたは40mg程度で治療します。

投与間隔

治療間隔は2週間から4週間の間隔で病状に合わせて調整します。

免疫調節薬の費用

薬品名 投与量 価格
オプジーボ® 10mg ¥50,000-
ヤーボイ® 10mg ¥100,000-
キイトルーダ® 25mg ¥300,000-
当院の癌治療についてにもどる