胃がんステージ1期

胃癌のステージ1A期

胃癌のステージ1A期は内視鏡的な手術がメインです。

ステージ1A期は、基本的には内視鏡的に粘膜切除し、一部は鏡視下による手術切除で再発の可能性は低いです。

ステージ1A期では胃癌は粘膜にとどまっているため、内視鏡で切除することが可能です。

胃癌ステージ1A期
粘膜層は水分を吸収し粘液を分泌します。癌はここから発生します。
粘膜下層は、粘膜に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、癌の浸潤により再発・転移します。
筋層は、腸の収縮や拡張の運動をします。粘膜下腫瘍はこの部位に発生します。
漿膜(しょうまく)は、薄くて丈夫な腸の皮です。
大網は、腸に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、脂肪の中に栄養を保存します。内臓脂肪で一番大きな組織です。胃や腸に穴が開いた場合、ふさぐ要素も持っています。

胃癌のステージ1B期

胃癌のステージ1B期は基本的には鏡視下による手術切除で、再発の可能性は低いです。

ステージ1B期では、①胃癌は粘膜にとどまっていて、リンパ節転移が2個まで、または②胃癌が粘膜下層まで浸潤しているかのどちらかです。

胃癌ステージ1B期
粘膜層は水分を吸収し粘液を分泌します。癌はここから発生します。
粘膜下層は、粘膜に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、癌の浸潤により再発・転移します。
筋層は、腸の収縮や拡張の運動をします。粘膜下腫瘍はこの部位に発生します。
漿膜(しょうまく)は、薄くて丈夫な腸の皮です。
大網は、腸に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、脂肪の中に栄養を保存します。内臓脂肪で一番大きな組織です。胃や腸に穴が開いた場合、ふさぐ要素も持っています。

セミナー情報

  1. 今までの免疫療法と違う「がんワクチン」。免疫力を上げる免疫療…
樹状細胞治療へのリンク
活性化リンパ球へのリンク
NK細胞へのリンク
一般診療へのリンク
インスタグラムへのリンク