胃がんの治療

胃がんの治療について

胃癌のステージ1A期の治療は内視鏡的に切除がほとんどです。

ESD 胃癌治療

胃癌のステージ1B期の治療は鏡視下切除をお薦めします。但し、胃全摘術は開腹手術を検討してください。

横浜市内の病院であれば、鏡視下手術が安全になってきていますが、病院によっては合併症が多い可能性ありますので注意が必要です。

HALS:用手補助下腹腔鏡手術

胃癌 鏡視下手術

胃癌のステージ2A期の治療は鏡視下胃切除が年間50例以上ある一部の病院では最近では可能な場合があります。胃全摘術は開腹が望ましいです。

鏡視下手術

胃癌のステージ2B期の治療は開腹手術でほぼ切除できますが、術後の手術切除後の抗癌剤と免疫療法が再発予防の鍵です。

胃癌 ステージ3期 治療

胃癌のステージ3A期、胃癌のステージ3B期、胃癌のステージ3C期の治療は開腹手術でほぼ切除できますが、術後の手術切除後の抗癌剤と免疫療法が再発予防の鍵です。

胃癌のステージ3期は再発や転移の可能性が高い!生きるために免疫療法を併用して生き残る!
胃癌 ステージ3期 治療

胃癌のステージ4期の治療は抗癌剤または免疫療法で縮小後に開腹手術が望ましい。

術前の抗癌剤治療の成功率は低い!しかし、免疫療法を併用して術前治療を成功して手術を目指せます。
胃癌 ステージ3期 治療