大腸がんの再発予防

大腸癌の術後再発予防を成功させるには

大腸がんではポリープ癌からステージ1期の早期癌、進行癌のステージ2期からステージ4期までステージが上がるほど再発のリスクが高くなります。

まず、抗癌剤治療で再発予防できるかという疑問があります。ポリープ癌とステージ1期とステージ2期では抗癌剤治療は薦めません。

ステージ3期 でかつ高齢者でなく、持病がない方で抗癌剤治療で副作用が少ない方が対象になります。ステージ4期では手術で肉眼的に癌は取りきれた場合、2002年から2014年の世界中の有力な論文で再発率は少なくなりますが、生存率では差がないという結果です。

大腸癌 術後抗癌剤治療

免疫療法で術後再発予防ができるか?

ポリープ癌は、手術部の再発よりも、他の大腸に癌ができる心配があります。ステージ1期では再発の心配は少ないですが、癌免疫力があるかどうかを免疫検査で確認します。癌免疫力がない場合、再発の可能性と、他の癌になってしまう可能性が出てきます。

その場合、複数の癌を予防できる樹状細胞がんワクチンの適応を検討します。

ステージ2期の患者さんも免疫検査の確認後樹状細胞がんワクチンの適応を検討します。ステージ3期ではリンパ節転移がありほぼ癌免疫ができていないため樹状細胞がんワクチンによるがん免疫を獲得しないと再発は予防できない状態です。

ステージ4期ではほぼ再発すると思った方が良いでしょう。再発して抗癌剤治療がはじまったら、もはや延命治療となります。その前に樹状細胞がんワクチンで再発予防治療をお薦めします。

大腸癌 術後に免疫療法