癌細胞とはどんな細胞?

癌細胞について

癌細胞とは、肺、胃、大腸、膵臓等の臓器の正常細胞が喫煙、ピロリ菌、ウイルスなど慢性炎症などの結果、

  1. 癌遺伝子を獲得し、不死化・無限増殖
  2. ヘリカーゼなど周囲の正常細胞を溶かし、アミノ酸などを吸収し栄養にする
  3. 栄養が足りないとカドヘリンなど接着因子で道を作り、肺や肝臓などに転移
  4. 肺や肝臓では免疫細胞に攻撃されるため、PD-1など免疫抑制する遺伝子を獲得し、免疫を低下させる
  5. 全身の免疫が低下するため肺炎や敗血症などを合併し、死に至らす

ものががん細胞です。

癌細胞とは?