癌とはどんな病気?

癌について

癌とは、肺・胃・大腸・膵臓等の臓器の正常細胞が慢性炎症などの結果、

  1. 癌遺伝子を獲得することで癌化(不死化)
  2. 無限増殖をはじめる
  3. 肺・肝臓・リンパ節・脳・骨など全身に転移
  4. 最終的に免疫が低下、末期癌の患者の80%は、誤嚥性肺炎や敗血症で死に至る

という病気です。

癌とはどんな病気?