先進医療で人生を楽しく 新横浜かとうクリニック

資料請求
お問合せ
よくある質問
がん治療
診療科

胃がんステージ(病期)の基本

胃がんの病期(ステージ)は、1期から4期まであります。病状的には、はじめて胃がんと診断された時にステージを決定します。

手術して何年か経過した後に肝転移した場合、ステージ2期が4期になった場合、胃がん術後再発と言います。

また、ステージ4期=末期がんと思われがちですが、末期がんはがんが悪化して治療法がなく、余命3か月~6か月の病状を総称しています。

胃がんのステージの決め方

胃がんのステージは、ステージ1A期・1B期・2A期・2B期・3A期・3B期・3C期と4期です。ステージ1から3期までは胃がんの浸潤の程度とリンパ節転移の程度で決めます。

胃がんの浸潤は粘膜・粘膜下層・筋層・漿膜(しょうまく)・漿膜を超えての浸潤の5段階、リンパ節転移は、0個・2個まで・6個まで・15個までの4段階です。

浸潤が1段階、リンパ節転移が1段階だと1A期、どちらかが2段階だと1B期、一つ上がる段階が上がることにステージ順が右に進んでいきます。ステージ4期は遠隔転移です。腹膜播種があったり、肝転移があるとそれだけでステージ4期になります。

胃がんはリンパ節転移が多く、粘膜に発生し、大きくなると胃の外側の腹腔に浸潤していきます。そして粘膜に転移しまた、肝臓に血行性転移します。

胃がんステージリンパ節転移

リンパ節転移はN0からN4までの5段階あります。N1から進行がんです。N4だけでステージ4期になります。

ステージ1期について

胃癌のステージ1A期

胃癌のステージ1A期は内視鏡的な手術がメインです。

ステージ1A期は、基本的には内視鏡的に粘膜切除し、一部は鏡視下による手術切除で再発の可能性は低いです。

ステージ1A期では胃癌は粘膜にとどまっているため、内視鏡で切除することが可能です。

胃癌ステージ1A期

粘膜層は水分を吸収し粘液を分泌します。癌はここから発生します。
粘膜下層は、粘膜に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、癌の浸潤により再発・転移します。
筋層は、腸の収縮や拡張の運動をします。粘膜下腫瘍はこの部位に発生します。
漿膜(しょうまく)は、薄くて丈夫な腸の皮です。
大網は、腸に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、脂肪の中に栄養を保存します。内臓脂肪で一番大きな組織です。胃や腸に穴が開いた場合、ふさぐ要素も持っています。

胃癌のステージ1B期

胃癌のステージ1B期は基本的には鏡視下による手術切除で、再発の可能性は低いです。

ステージ1B期では、①胃癌は粘膜にとどまっていて、リンパ節転移が2個まで、または②胃癌が粘膜下層まで浸潤しているかのどちらかです。

胃癌ステージ1B期

粘膜層は水分を吸収し粘液を分泌します。癌はここから発生します。
粘膜下層は、粘膜に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、癌の浸潤により再発・転移します。
筋層は、腸の収縮や拡張の運動をします。粘膜下腫瘍はこの部位に発生します。
漿膜(しょうまく)は、薄くて丈夫な腸の皮です。
大網は、腸に栄養を送る血管や免疫細胞を送るリンパ管があり、脂肪の中に栄養を保存します。内臓脂肪で一番大きな組織です。胃や腸に穴が開いた場合、ふさぐ要素も持っています。

ステージ2期について

ステージ2A期

胃癌はステージ2期になると3人に1人が亡くなります。

ステージ2期年間の手術数が十分な病院では鏡視下による手術切除か可能で、再発の可能性があります。

通常は開腹手術が一般的で、こちらでも再発の可能性はあります。

ステージ2期では、①胃癌が粘膜下層まで、リンパ節転移が6個まで②胃癌が筋層まで浸潤し、リンパ節転移が2個まで③胃癌が漿膜まで、リンパ節転移はなし。という3つの状態です。

胃癌ステージ2A期

ステージ2B期

ステージ2B期は、①胃癌は粘膜下層まで、リンパ節転移が15個まで②胃癌が筋膜まで浸潤し、リンパ節転移が6個まで③胃がんが漿膜下層まで、リンパ節転移が2個まで④胃癌が漿膜をわずかに超えて腹腔内に癌が顔を出しているが明らかな腹膜浸潤はないという4つの状態です。

胃癌ステージ2B期

胃がんステージ3期について

胃がんのステージ3期は抗癌剤治療だけでなく、免疫療法も検討してみてください。

ステージ3A期

ステージ3A期は通常の開腹手術が一般的で、目に見える癌は切除できるが、目に見えない癌が多数残るために再発の可能性は高く、再発予防治療が必要です。

ステージ3A期では、①胃癌は筋層まで、リンパ節転移が15個まで②胃癌が漿膜まで浸潤し、リンパ節転移が6個まで③胃癌が漿膜をぎりぎり超えているが明らかに漿膜に転移がなく、リンパ節転移が2個までという3つの状態です。

胃癌ステージ3A期

胃がんのステージ3B期

胃がんのステージ3B期は、経口抗癌剤だけでなく、免疫療法で再発予防を検討してみてください。

ステージ3B期は、通常の開腹手術が一般的で、目に見える癌は切除できたが、目に見えない癌が多数残るために再発の可能性は高く、再発予防医療が必要です。

ステージ3B期は、①胃癌は漿膜まで、リンパ節転移が15個まで②胃癌が漿膜をギリギリ超えているが明らかに腹膜には転移なく、リンパ節転移が6個まで③胃癌が漿膜を明らかに超えて腹膜に浸潤し、リンパ節転移が2個までという3つの状態です。

胃癌ステージ3B期

胃がんのステージ3C期

胃癌のステージ3C期は、リンパ節転移が3個以上で胃癌の浸潤がSE(漿膜から少し癌が腹腔に顔を出している)or SI(漿膜から明らかに癌が腹腔に顔を出している)のどちらかでリンパ節転移遠隔転移か腹膜に転移する寸前の状態で手術切除が可能な場合でも、完全な癌の切除はほとんど無理で、標準治療では期待できません。

手術は通常の開腹手術が一般的ですが、目に見える癌は切除できますが、目に見えない癌が多数残るために再発の可能性は高く、再発予防治療が必要です。

ステージ3Cでは、①胃癌が漿膜をギリギリ超えて腹腔内に少し顔を出していて、リンパ節転移が15個まで②胃癌が漿膜を明らかに超えて腹膜に浸潤し、リンパ節転移が15個までという2つの状態です。

胃癌ステージ3C期

胃がんのステージ4期について

胃がんのステージ4期では迷わず免疫療法で積極的な治療を検討してください。ステージ4期は通常の手術をしませんが、抗がん剤治療や免疫療法で癌の縮小を目指し、ステージ3期以下の病状になった場合や肝転移の数が少ない場合に手術を行います。

ステージ4期では、リンパ節転移や胃癌の浸潤に関わらず、①肝転移②腹膜播種などといった遠隔転移があった場合にステージ4期と診断します。腹膜播種では③スキルス胃癌の可能性もあります。

胃癌ステージ4期
免疫療法以外の治療に関しては標準的な治療の場合、保険診療となります。当院で実施はできません。
PAGE TOP