末期癌と戦う栄養素の種類とは

食事だけでなく、運動も大切

体温や睡眠など、大切な要素がたくさんあります

まずは、ごはんを食べる前に運動をしてください。少し汗をかく程度で30分程の散歩、ランニング、水泳などをして、身体に酸素を取り込んでください。

次に食事に癌と戦う栄養素は

  1. ビタミンB群
  2. マグネシウム
  3. 亜鉛
  4. コエンザイムQ10
  5. L-カルニチン(アミノ酸の一種)

です。 これらをとるには、ビタミンB群はレバー・豚肉・鰻・青魚・ナッツ類など、マグネシウムは大豆・海藻・イカ・エビなど、亜鉛は牡蠣・青魚・牛肉・豚肉・牛乳・卵・大豆などに多く含まれます。

コエンザイムQ10はブロッコリー・チーズ・ヨーグルトなど、L-カルニチンはラム肉・牛肉・豚肉などです。

癌の好きな砂糖の代謝から、運動して酸素を使った代謝にするために多品目の食事をとる必要があります。

4つ足の動物は食べないと決めてしまうと、代謝が癌の大好きな砂糖だけになり、炭水化物は足りないのに砂糖を減らすことになり、体力が衰弱、免疫が低下し、癌が大きくなります。

世間に広まる栄養療法は、一時的な効果かあるかもしれませんが、最終的に癌に勝つことはできません。癌に勝つためには、適度に運動をしてご飯をたくさん食べ、暖かくしてよく眠ることが大切です。

癌と戦う食べ物

食べる前に運動、夜はきちんと睡眠をとること!条件がそろわないと癌に負けてしまいます。

ビタミンB群 レバー・豚肉・ウナギ・青魚・ピーナッツやアーモンドのようなナッツ類 など
マグネシウム 大豆・海藻・イカ・エビ など
亜鉛 牡蠣・青魚・牛肉・豚肉・牛乳・卵・大豆 など
コエンザイムQ10 ブロッコリー・チーズ・ヨーグルト など
L-カルニチン ラム肉・牛肉・豚肉 など
  癌と栄養について学ぼうのページに戻る 普通体型の人の癌の栄養法へ