痩せ型体系の人の癌の栄養法

痩せている人は筋肉量が少なく、体温が低い

痩せ型体系の人は普通体型のひとより癌のリスクが高くなります。痩せているとリンパの流れは良いですが、体温が筋肉と肝臓で作られてしまいます。

脂肪が少ないと放熱して体温が下がりやすくなってしまいます。

そのため、痩せ型体系の人はタンパク質やビタミンなどを多く摂り、筋肉量を増やし、ごはんなどの炭水化物で肝臓の代謝をアップさせショウガや唐辛子などで体温を上げると癌のリスクが減り、免疫力も正常化します。

痩せ型体系の人