メタボ体型の人の癌の栄養法

メタボの人は癌のリスクが高いので体重を減らしましょう

体重が多いことは、いろいろと不都合なことが多い

体重が多いことは、いろいろと不都合なことが多いです。まずは、脂肪は肝臓で蓄積され、免疫細胞の材料を作る肝臓の機能を下げています。

メタボの人は動脈硬化が多く、血管の中のコレステロールが酸化して血管の壁に汚れのように張り付き、血管が細くなり流れが悪くなります。それと同時に免疫細胞の通り道のリンパ管も油が流れています。

リンパ管の流れが悪いと免疫細胞の動きが遅くなり、癌を早期発見できなくなります。

痩せないと正常な免疫システムが働かない状況になっています。

まずメタボの人は、揚げ物やラーメンといった油ものを控えましょう。パンには以外とバターが多く、牛乳も卵も栄養満点ですが、メタボの人には毒でしかありません。白いご飯も健康によいものですが、メタボの人にとっては栄養の吸収のよい太りやすい食べ物です。