免疫調節薬について

免疫調整薬は、最新のがん免疫療法

免疫調節薬について

癌細胞は、自己の免疫細胞の攻撃から逃れるためにPD1(ピー・ディー・ワン)等の免疫抑制システムが存在しています。

その免疫抑制システムをブロックするのが免疫調節薬です。システムをブロックすることで、免疫が正常に働き癌細胞を身体から排除させます。

もちろん、抗癌剤・放射線治療・手術・低栄養などで自分自身の免疫が低下している患者さんには効果が少ない治療です。そのため、リンパ球療法やNK細胞療法など免疫力を上げる治療と併用することで効果が期待できます。

癌の免疫抑制とは

癌細胞は、身体の中の免疫細胞から逃れないと生き残れません。そのため、癌細胞には、いくつかの免疫抑制システムがあります。その一つがPD-1(プログラム・デス・ワン)です。

リンパ球は癌細胞を攻撃する最強の免疫細胞です。しかし、過剰に働くとリウマチなど自己免疫疾患の原因になります。

そのため、過剰に働くのを制御するためにPD-1(プログラム・デス・ワン)という受容体(レセプター)がリンパ球に備わっています。

癌細胞も早期癌ではPD-1の発現は少なく、進行癌、末期癌に進むにつれてこの機能を持つようになります。

免疫調節薬の働きとは

癌細胞は、早期癌から進行癌へ成長していく間に癌遺伝子を獲得していき、転移したり、免疫抑制するなど能力を持ちます。

癌細胞がリンパ球のPD-1(プログラム・デス・ワン)を押すPD-L1を持つことでリンパ球を不活化します。そのボタンを押せなくするのがニボルマブ(オプジーボ®)、ペムブロリズマブ(キイトルーダ®)などの免疫チェックポイント阻害剤です。

免疫チェックポイント阻害剤は、免疫調節薬の一種で、PD-1分子をターゲット(標的)とするため分子標的薬の一種で、さらにヒト抗体を可変した治療薬であるため、生物製剤でもあります。

免疫チェックポイント阻害剤とは